うつ病を予防しよう|症状や改善方法を徹底解説

  1. ホーム
  2. 心身共に現れるうつの症状

心身共に現れるうつの症状

看護師

うつ病の症状は心と身体の両方に出てきます。心の症状は診察してわかるものも多いですが、身体の不調は診察してもなかなか診断されにくいです。そのため、症状を事前に知っておくことが大切です。そこで、うつ病になると出てくる心と身体の不調を分かりやすく紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。
心の不調で一番現れやすい症状なのが、抑うつ状態です。抑うつ状態になると、何かあったわけでもないのに気分が落ち込んだり悲しい気持ちになったりします。また、日常に何の希望も感じなくなります。次に多い症状なのが、思考力の低下です。注意力が散漫になったり人が言っていることがすぐに理解できなくなったりします。また、集中力が低下して何も手につかない状態になることも多くあります。その他にも、決断力が低下するので自分では何も決められなくなることもあるのです。次が意欲の低下です。今まで好きだったことや趣味に対してやる気がなくなることや、おしゃれに関心が湧かなくなってきます。また、人と話しをするのが億劫だと感じることや、毎日の生活に楽しさを感じられなくなってきます。そのほかにも、理由のない不安を感じることもあります。また、焦燥感に駆られて落ち着きがなくなっていきます。

うつ病が原因で起こる体の不調は一気にいくつも現れます。確実に症状があるのに、検査をしても原因が解らないことが多くあるため、それが精神的ストレスとなって症状を悪化させてしまう場合も多くあるのです。体にでる症状を把握しておけば、心の不調があったときにすぐうつ病の症状を治療できます。
まず、一番現れやすい症状が睡眠障害です。睡眠障害と聞くと不眠症を思い浮かべる人も多くいますが、長い期間熟睡できてない状態や夜中に何度も目を覚ます状態も睡眠障害のひとつです。食欲の低下や増加もうつ病の症状のひとつです。なにを食べても美味しいと感じなくなったり、食事が億劫だと感じたりします。また、食欲が減退したり増加したりを繰り返す症状が現れることも少なくありません。ホルモン系の異常が症状として現れる場合もあります。そのときには、月経不順や勃起不全の症状が現れたり、性欲の低下がみられたりします。疲れが抜けずずっと残っていることや身体が重く感じる症状が現れることも少なくありません。そのほかには、ひどい頭痛や動悸がしたり息苦しさを感じたりします。また、関節が痛んだり胃が痛んだりします。