うつ病を予防しよう|症状や改善方法を徹底解説

  1. ホーム
  2. 少しずつ改善する

少しずつ改善する

カウンセリング

うつ病になってしまうと、日常生活は愚か仕事にも影響が出てしまいます。そのため、会社を休みがちになってしまったり、以前のように仕事をすることができなくなったりします。そうなると、会社的にも問題になってしまうため治療のために長期休暇を出してくれるか、状態を見ながら出勤状態を決めていくという対応を取ってもらうことができます。医師が職場復帰できる状態だと判断したときに、出勤することができるためそれまではしっかりと治療に専念するようにしましょう。休職中の金銭問題は保険を使うことができる場合もあるため、家族や恋人などが率先して調べてください。うつ病の治療方法は、抗うつ剤という薬で治療していきます。抗うつ剤を使って治療をすることはできますが、風邪とは違い薬を飲んで数日で症状が改善されるというわけではありません。また、患者の体質によって合う薬と合わない薬が出てきます。直ぐに合う薬を見つけることができれば、スムーズに治療を受けることはできますが、なかなか薬を見つけることができなければスムーズに治療を進めることはできません。薬の効果が出るまで飲み続けなければいけませんし、簡単に薬を変えることもできないため長期的にゆっくりと治療を続けていきましょう。早く完治させたいという人は、薬を使って治療をしながら自分でもできるうつ病対策をしていきましょう。まずは、自分がうつ病になっているということを人に打ち明けてみてください。一人であれやこれやと悩んでいても、症状が改善されることはありません。そのため、家族や友人などに話を聞いてもらって、アドバイスを貰ってください。しかし、ここで注意するべきことは友人や家族のアドバイスを全て受け止めないようにしましょう。あくまで、自分の為になるようなアドバイスだけに耳を傾けるということが大切です。その他にも、軽い運動をしてみましょう。運動することで、体中の血行が良くなり脳に酸素や栄養を送ることができます。運動することによって、うつ病の症状を緩和する効果のあるセロトニンが分泌されるため治療にも効果的です。直ぐに運動することは厳しいという人は、外に出て太陽の光を浴びるようにしてみましょう。太陽の光を浴びるだけでもセロトニンは分泌されるため、ベランダや屋上など近い場所で試すことができます。こういったことの他にも、健康面や日課も大切にしてみてください。病気になってしまった人は、うつ病になりやすく、症状が悪化しやすいと言われているため注意が必要です。そのため、うつ病になった人も予防する人も健康面には注意するようにしましょう。何かを日課にする場合は、頭を使わなくても簡単にできることを日課にしてみてください。散歩や掃除、軽いストレッチなどを続けていくことで習慣になり、うつ状態から抜けるときに大きく役立ちます。日課以外にも、規則正しい生活を続けてみたり、食べ物に気をつけたりするだけでも症状緩和には役立ちます。規則正しい時間帯に眠ることで、ホルモンバランスを整えることができます。眠ることができない人は、ベッドで横になりながら目をつぶっておくだけでも良いと言われています。