うつ病を予防しよう|症状や改善方法を徹底解説

  1. ホーム
  2. 早めに受診する

早めに受診する

悩む人

うつ病と抑うつ状態になってしまった人は、生活にも様々な影響が生じてしまいます。うつ状態になってしまうと、生きる気力を失ってしまい、生活に支障が出始めます。最初のうちは、自分がうつになっているとなかなか気づくことができません。うつになってしまうと、精神面だけではなく徐々に健康面にも影響が出てしまい、病院に行ってそこで初めて医師にうつ病だと診断されて気がつくのです。うつ病や抑うつになりやすい人は、生真面目な人や几帳面で完璧主義な人、何事も人任せにできない人が発症しやすいと言われています。その他にも人の目が過剰に気になってしまう人もうつになりやすいタイプです。また、女性は整理時期や妊娠時期にホルモンバランスが崩れてしまうため、このような時期に女性は抑うつ状態になりやすい場合もあります。うつや抑うつ状態になってしまった人は、精神面では集中力が続かない、動くことに抵抗を感じる、人に会うのが嫌になる、ネガティブな考えばかりしてしまうという症状が現れます。こういった症状だけでは、気分の落ち込みに似ているため、病になっているかどうかを直ぐに判断することはできません。しかし、うつ病になってしまうと身体的な症状も現れるため、身体的な症状も一緒に見ながら判断していきます。例えば、眠気はあるが眠ることができない、頭痛やめまいが続く、食欲が無い、便秘や口の渇き、肩や背中の痛みなどがあります。その他にも、手脚のしびれや、性欲低下、月経不順などが症状として現れます。こういった症状が長く続き、精神的な症状も出ているときは直ぐに病院を受診するようにしましょう。うつ病は、心の風邪という風に言われていますが、風邪のように自然治癒することはなかなかできません。うつ病になってしまった原因から離れ、医師のカウンセリングや薬などを使って治療を受けるようにしましょう。抑うつ状態が長く続いてしまうと、うつ病になってしまう可能性もあるため最近変だなと思ったときは、病院を受診するか、インターネットでできるうつ病診断を受けてみましょう。質問に答えていくだけの簡単な方法のため、病院を受診することに抵抗があるという人は利用してみてください。抑うつ状態になっている人は、うつ病になっている人よりも多いと言われているため、心当たりのある人は早めに医師に相談してみましょう。